炎舞やってる方は戦国時代が好きな方多いですよね

私も戦国時代が大好きで信長の野望 太閤立志伝等の歴史ゲームのファンです


そこでやっぱり話題になるのが好きな武将

信長 秀吉 家康 政宗 謙信 信玄等

著名な武将は様々居ますが個人的にはどれもあまり魅力的だと感じません


私が好きな武将は様々ですが高橋紹雲 仁科盛信等が居ます

有名な武将に共通してるのが最期がカッコ悪いのですよね うん、信長然り秀吉 謙信 信玄もそうですけどね


死の美学というのか 破滅の美学とかいうのですかね
死んだ時にその人の価値が決まると私は思います 勿論それまでの功績も大きいですけどね


昔、図書館で自死という生き方という本を読んだことがあります。

戦国時代もそうですが、生き恥を晒す方は恥ずかしく見えます 逆に素直に死を受け入れる方はカッコよく見えるものです


職業柄もありますけどね、綺麗に死ねる方は綺麗に生きてきた人だけですね

汚く生きてきた方は死ぬ間際にそれ相応の報いを受けてます


人間はある程度のライフサイクルを目処に生きてますか現代だとそのルールもつまらないと思います

かといって刹那的な快楽に身を置くのも私はどうかと思いますけどね


管理人眠いので続きはいつかのブログで



image