IMG_0314


うん、一度書き込んだだけですとこんなものですよね。また地道にコツコツですね。

少しずつ読者を取り戻していけたらなと思います。


で、ここからが本題でございます。

改めて炎舞を始めて思ったことが、やはりこのゲーム、長く続ける(やり込み)が戦力に直結しますね。

ランキング制度が導入された当初、私はランキング1000位くらいでした。

炎舞辞めた一年前が大体3000位でした。御守りが、普及してきた頃です。

で、大体一年ぐらい何もしないで2万位まで落ちました。これは協闘のやり込みの差が大きく出てきたなと感じます。

私が辞めた一年前は、レベルが特に高い人で300後半 300超えてたら高い方でレベル400の天井まで到達していた方は、ほんの一握りでした。

が、現在はもう400超えが当たり前みたいな感じですよね。

私は協闘が面倒くさくて未だに全くやりません。協闘イベも10%券と覚醒玉取ったらお終い程度にしかやらないです。


協闘を周回した方が強くなるのは、当然だと思いますが、大多数の方が苦痛に感じながらも戦力上げる為に頑張ってるのではないでしょうか?

あの周回プレイの協闘を楽しみながらやってる方は本当にいるのでしょうか?

私はここで敢えて言いたいですね。もう協闘=御守りの図式を廃止しませんかと。

時間が幾らあっても足りないと。というか協闘面倒くさい


ここで突然ですが、エリート炎舞メンバーの1日をご紹介致します。

先ず合戦です。エリートは1日3戦フルが基本なので1時間30分きっちりフル参戦します

そしてエリートは、合戦開始の30分前にはインして待機します。対戦相手の分析や瞑想と指のストレッチに最低30分はかかるからです。

これで30×3で+1時間30分です。

エリートには、朝飯前です。


そして、エリートは合戦が終わってからも、明日に繋げることを忘れません。

勝っても負けても合戦が終わって30分は、指のストレッチと戦況履歴を眺めます。親指は何よりも大切だからです。

また連合仲間との会話や挨拶等コミュニケーションも忘れません。真のエリートは、エリートを鼻にかけず謙虚です。

合戦が終了してから最低30分は、連合メンバーの勇姿を褒めます。そして指のストレッチを行います。これで+1時間30分


つまりエリートは、日々の合戦と指のストレッチだけで4時間30分を炎舞に費やしております。


睡眠時間を8時間として差し引きますと、4分の1を炎舞に費やしてます。


エリートには、まだやることがあります。

そう、協闘です。協闘をやって戦力を上げることは欠かせません。

これで+1時間...etc.....



もうね、エリートの親指は悲鳴をあげてますよ。


そう、話が脱線してしまいましたが私が言いたいことは、ただでさえ合戦で拘束時間が長いのに、協闘とかいう時間のかかる周回ゲーでしか御守りが取れない

この現状をどうにかした方が良いと。


もうね新規が入っても、協闘の周回プレーで挫折しますし。

協闘やらない人は戦力差が広がる一方でアクティブじゃない方はどんどん脱落していきます。

運営の鬼畜攻撃も自慢の親指で燕返し出来るる一部の方は良いのですが、

大多数の方は親指で燕返しなんて出来ないですし、まず指のストレッチなんてしません。

だから運営さん


協闘でしか御守りを取れない現状を何とかしてほしい(これが言いたかっただけ)